生後6ヶ月 ずりばい おすわりはいつから?

スポンサーリンク

こんにちは、ゆるねこです(^ω^)
会長も生後6ヶ月を過ぎ、寝返りでの移動からずりばいでの移動をするようになりました。
ぎこちなくはう姿は独特な可愛さがりありますね。

ずりばいとは

赤ちゃんがお腹を床に付けた状態で手足の力のみで前や後ろに這うように移動する事を言います。
たどたどしいほふく前進のような感じです。

はいはいや一人歩きを始めるまでのトレーニングも兼ねているので、とても重要な成長過程と言えます。
一般的にずりばいを始める時期は7〜8ヶ月頃が目安になりますが、個人差がかなりあるようです。

ずりばい 後ろに進む!?

ずりばいをし始めて間もない頃は、前に進みたいはずなのに気付けば後ろに進んでしまう事もしばしば。
特に発達に問題がある訳ではなく、足は動いているのに手を突っ張ってしまっている為、後ろに進んでしまうそうです。
時にはクルクル旋回していたりで、赤ちゃんてずっと見てても飽きないですよね。

そんな会長ですが、まだおすわりは習得していません。
手を貸して座らせてみるとしばらくは座っていられるのですが、自力でのおすわりまではまだもうしばらくかかりそうです。

おすわりはいつから?

赤ちゃんがおすわりできるようになる目安としては、生後6ヶ月〜7ヶ月頃だそうです。
これもまた個人差があるようですし、しっかりとバランスが取れるようになるのは生後8ヶ月〜9ヶ月頃になるそうなので、焦らずゆっくり成長を見守っていけたらなと思います(*^_^*)

赤ちゃんの成長、嬉しさと寂しさと

最近、会長をふと見ると大きさにビックリする事があります。
毎日べったり一緒にいるので、なかなか気付きづらいのですが、赤ちゃん赤ちゃんした時期が過ぎてしまったなぁというような感じです。
もちろんまだ現役の赤ちゃんなんですが、『The 赤ちゃん』という時期が少し前まではあったんですよね。
この『The赤ちゃん』期、伝わりますかね(´・_・`)?
まだ弱々しいと言うか、儚いというか、そんな時期です。
会長は元々Big babyなので尚更そう感じるのかもしれません。

しぐさや行動も随分出来る事が増えて来て、たくさんの成長が嬉しい反面、寂しくもあります。
大変大変とは言うけれど、子育てはあっという間、本当にその通りだと思います。
気づけば1歳5歳10歳と大きくなり、いつの間にか大人になっていくんでしょうね。

こんなに側にいれるのは今のうちだけだと思うと、もっと一緒に過ごせる時間を大切にしないといけませんね(*´ω`*)

しかし、ずりばい→はいはいへと進化すれば益々目が離せなくなる訳で…
ベビーサークルを購入するか検討中です。
もしも購入した場合はレポを書こうと思います☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。