コンビのジョイン!エルゴ以外の抱っこ紐

スポンサーリンク

抱っこ紐は必需品

こんにちは、ゆるねこです( ^ω^ )
育児をする上で必須アイテムと言っても過言ではない抱っこ紐。
決して安いお買い物ではないですし、長期的に使う事を考えるとメーカー選びは妥協できませんよね。

抱っこ紐 主なメーカー

⚫︎ エルゴ
⚫︎ ベビービョルン
⚫︎ アップリカ
⚫︎ コンビ
⚫︎ グレコ
⚫︎ ナップナップ
⚫︎ ボバ

メーカーの中でも更に種類があり、何を基準に選べば良いのかわからなくなりますよね。
抱っこ紐は使用頻度も高く、安全性も気になる所です。
新生児から使用できるもの、前抱っこのみ、前抱っこ
とおんぶ両方使用できるもの、
などメーカーや特徴もそれぞれです。

抱っこ紐の購入基準

数ある抱っこ紐の中で、断トツ人気No1なのがエルゴだと思います。
小児科の待合室でも、街を歩いていてもエルゴユーザーの多さを実感します。
その次に多いのがベビービョルンかな?
私の勝手なイメージなので、地域によっては違いがあるかもしれません。
でもそのくらい、現在の抱っこ紐界はエルゴが制しているような気がします。
妊娠中、これだけ人気あるし買うならやっぱりエルゴかなと思っていました。
購入する前にベビーザラスへ行っていくつか試着してみたのですが、付け心地が全然違うんですね。
求めている条件としては、

⚫︎ 夫と共有できるもの
⚫︎ 身体に負担がかかりにくいもの
⚫︎ デザイン性、機能性
⚫︎ 安全性
などです。
夫婦で体格差があるとなかなか難しいんですよね。
うちは夫が177cm、私が154cmなので体格差が大きい方だと思います。

いざ、試着

真っ先に試着してみたのはもちろんエルゴ。
夫には特に問題なくいい感じ、私には何だかデカイ。
そして思っていた以上にゴツい。
ベビービョルン、アップリカあたりは夫婦ともにデザインが好みではなく却下。
ボバは機能的に気になっていたんですが、夫的にデザインがNGだったようでこれも却下。
最後に行き着いたのがコンビでした。

コンビ抱っこ紐の特徴

コンビの抱っこ紐は現在4種類、ラインナップがあるのですが、その中で今回おすすめするのがジョインという商品です。
ジョインはインファントシート(別売)を使用すれば生後1ヶ月(3.2kg〜7kg)から使えます。
首すわりの4ヶ月ごろからはインファントシート無しでの使用となります。
試着してみると、このジョインが私たち夫婦には一番しっくりきたんです。
機能的には
対面抱っこ、おんぶ、腰抱っこが可能です。

⚫︎ 肩ベルトはクッションがしっかりしていて肩が痛くなりにくい
⚫︎ 赤ちゃん落下防止のホールドベルト付きで安心設計
⚫︎ 赤ちゃんが眠った時にはおやすみフードを簡単装着
⚫︎ 腰でしっかり支えられるので、肩だけに負担がかからない

カラーは4色展開なのですが、ブラックだけが2種類あり、1つは赤ちゃんの背中に当たる部分がメッシュになっています。
なので実質5種類ですね。
うちはこのメッシュブラックを購入しました。
何故かと言うと、寒さはケープや服でカバーできるけど暑さはどうにもできないからです。
夏は絶対暑いですよね、冬でも暖房が効いた施設にいると暑いですし。
なのでメッシュタイプにして正解だったと思います。

デメリットをあげるとしたら、肩ベルトのパットがしっかりしているのでちょっとかさ張るかも、というあたりでしょうか。
これはエルゴにも言えることですが、全体的に見るとエルゴ程のゴツさは感じられません。

肩ベルトや腰ベルトのサイズ調節もスムーズにできるので夫婦で共有もしやすいですし、何より国内メーカーなだけあって親子共に安心のフィット感です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。