後追いはいつからいつまで?

スポンサーリンク

こんにちは、ゆるねこです( ^ω^ )
今1番悩まされている事、それは後追いです。
ここ最近、会長の後追いが一気に本格化しました。

ママはどこだ!ママを出せ!

少し前までは姿が見える場所にいれば問題無かったのですが、今ではすぐ側にいないとダメらしく、少しでも離れようもんなら『ふぇ〜ん。゚(゚´△`゚)゚。』と泣き出します。
トイレやキッチンに姿を消す度、この世の終わりか?!と言うくらいの勢いで泣き出します。
ベビーサールを設置して、ほんのちょっとの自由を手に入れたと思ったのですが、そんな思いは儚く散ってしまいました。
こないだなんて夫に会長を任せて私がお風呂に入っている間、髪がクルンクルンになるほど汗ビッショリになって泣き叫んでいました。
夫によると、ドアの方を見て必死に私の姿を探し回っていたそうです。

後追いし始めて間もない頃は、パパ拒否!ママ!ママはどこ!?という態度の娘に夫もショックを受けていたようですが、近頃は受け入れたようで笑いながらあやしています。

近い将来、思春期真っ只中、反抗期の娘によるパパ拒否はこんな可愛げのあるもんじゃないし、
メンタルフルボッコだぞ( ̄∀ ̄)
なんて思った事は夫には内緒です。

私自身、反抗期が超絶ひどかったので、あの頃の父の気持ちを考えると今でも頭が上がりません
( ̄▽ ̄;)

話が逸れましたが赤ちゃんの後追いはどうして起こるのでしょうか?

後追いの原因

トイレや料理に洗濯、日常生活では四六時中赤ちゃんに付きっ切りとはいきませんよね。
しかし、ママにとってはすぐ戻るから少しだけ待っててよー(T_T)
というほんの少しの時間でも、
赤ちゃんにとってはそもそも『すぐ戻って来る』という事自体が理解できないため、不安になり泣いてしまうそうです。

命の危機!?

先日、何気なくテレビを見ていたら、丁度赤ちゃんの後追いについて取り上げられてられていたのですが、大袈裟に言うと赤ちゃんが後追いをしている時は、命の危機を感じているそうです。

寂しいからというよりも、
『あかん!あんたがおらな死んでまう!どこ行くねん!死んでまうやろ!』
という事ですね。
赤ちゃんにとってお母さんとは絶対的な存在で、この人がいなければ自分は生きられないという事を、本能的に感じるそうです。

後追いはいつからいつまで?

個人差がありますが早い子で生後7ヶ月頃〜、
一般的には生後9ヶ月頃〜11ヶ月頃をピークに、1歳半頃までには落ち着く事が多いようです。

赤ちゃんの性格が大きく関係するので、中には後追いをしない子もいるそうです。

後追いの対処法と注意する事

『赤ちゃんに声を掛ける』

・トイレに行って来るから待っててね
・洗濯物を干すから待っててね
など、言葉は喋れなくても何度も声掛けを繰り返す事で、赤ちゃんは理解できるようになるそうです。

『一層の事、家事は手を抜いてしまう』

ただでさえ、赤ちゃんとの生活は思うように家事がはかどらずイライラしてしまう事も多いですよね。
この辺は、ママの性格にもよるので難しい場合もあるかもしれませんが、一層の事開き直って家事は手を抜いてしまいましょう。
これが出来れば、随分と気が楽になるかもしれません。

『安全対策は万全に』

ずり這い、つかまり立ち、ハイハイと赤ちゃんの行動範囲が広がると、その分危険な事も多くなります。
後追いが始まるとママを追いかけて赤ちゃんが1人で移動してしまうので、浴室やキッチンやトイレなど危険な場所にはベビーゲートを設置するなど、前以て対策するようにしましょう。

後追い卒業まで

一体いつになったら落ち着くのかと先が見えないような気になりますが、赤ちゃんの後追い卒業までは、根気強く付き合っていくしかありません。
でも、いざママそっちのけで1人遊びできるようになれば、ちょっと寂しく感じるかもしれませんね
(´ε` )

毎日大変ですが、後追いで泣き出してしまった時は、会長の気が済むまでかまってあげたいと思います( ´ ∀ ` )♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。